プロフィール

samurai1015

Author:samurai1015
好きな音楽について書いたり、日々の出来事を書いていこうと思います。ネタもどんどん増やしていく予定なので、是非読んでください


ランキングに参加しています


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ハマっている音楽

最近仕事帰りによく聴くのが「サイプレス・ヒル」だ。

4人グループでHIPHOP+ROCK(クロスオーヴァーというらしいのだが)ジャンルを確立した彼らの音楽が僕にはまさにピッタリで、リピートして聴いている。

こういうグループのことを僕は最近までミクスチャーバンドというのだと思っていたが少し違っていたのかな?

もともとロックが好きだったのもあるが、全体のバランスがいいので今ではこっちの方が好きだ。

好きな曲はまだまだたくさんあるのだが、なにせ10年以上前の曲ばかりなので今でも聞いているのは僕ぐらいのもんだろうか?

カッコいいものはカッコいい!

それはこれから先も変わることのない事実で、僕自身の憧れでもある。

アルバム単位で聴いているが、いつか時間が許す限り「マイベスト」を作ってみようと思う。

俗にいう作業用BGM的なww

そうなったらLINKIN PARK サイプレスヒルの順番かな?quarashiやリンプビズキットも入れよう。日本からはELLE GARDENやCHOKE SLEEPERも入れたい。

どんなナツメロメドレーになるのか今から楽しみだ
スポンサーサイト

意志が弱く、気が小さく、自分に自信がない

思えばいつもそうだった。なにか新しいことを始めようとしても、よっぽど好きなことでもない限りそれは続かず、変わろうと思っても「そう簡単に変われるはずがない」とすぐに諦めてしまい、結局人に誇れるようなものは何も持っておらず、人に話せるのは小さな自慢話ばかり。

しかし、今回は違う。

仕事で資格を取らせてもらえる機会があるので、勉強中なのだ。

合格率は3割から5割程度の少々難しい試験ではあるが、手ごたえは感じている。

試験はお盆明けの19日で、もう3週間を切ったのでそろそろ模擬試験で合格圏内に入っていないとまずいころだが、残念ながら先週行った模擬試験では一歩及ばずだった。

それでも前々回の模擬試験よりは点数が上がっていて苦手問題の復習もしている。

これまで勉強とはほぼ無縁の人生を歩いてきたが、ここにきてようやくこの空っぽの頭に知識が詰め込まれるようだ。

資格を取って自信をつけ、いろんなことにチャレンジして、本当の意味で人に自慢できるような人間になりたい

価値のある人間になること

現在午前6時半前、今日は仕事が休みだ。

しかしなぜこの時間に起きているのかというと、休日出勤をするからだ。

おそらく日本ではほとんど珍しくはないのではないかという、「休日出勤」「サービス残業」という言葉、こんなことは日常茶飯事で、自分の時給に換算するとアルバイトとほぼ変わらないのである。

では、なぜ給料が出ないのに働くのか。

1.そうしないと仕事がもらえないから
2.周りが帰らないと自分も帰れない
3.膨大な量の仕事が残っている
4.仕事としての経験値を増やすというのもある意味自分のため

ざっと理由を挙げるならこんなとこか。

仕事がもらえないというのは少し大げさだが、僕の仕事(システムエンジニア)は「短い時間で多くの仕事をこなせる」ようにならないと仕事がもらえないため、僕のような半人前の者は。休憩時間を削り、休みを削ってでも早く仕事を終わらせないと、レベルの高い仕事がもらえないのだ。

とはいえ、一日12時間以上働いているとさすがに帰りたいものだが、サービス残業が当たり前になっている。
予め決められたスケジュールで仕事をこなすため、一つ躓くと後の作業にも影響がでてしまうので、それもわかるのだが、適度に休憩を取ったり、自分の時間を作ったりしないと仕事の効率やモチベーションは上がらない。
周りもまだ帰る雰囲気じゃないし、グループで仕事をしていると、尚更自分だけというのはなかなか帰りづらいものがあるのだろう

かといって、そう毎日新しい機能を実装するわけではない。仕事の大半が、過去に先人たちが実装したプログラミングの粗(バグ)探しや、修正なのだ。
今はもう会社にはいない人ばかりだが、僕のような半人前のプログラマーから見てもお粗末なそのプログラムは、もはや「問題点」でしかないのだ。

しかし、そういった問題に気づけること。他人が正しいと言ったその答えに異論を唱えることができることが、自分が成長したなによりの証であり、誇りなのだ。

どういった理由で何をどう改善しようとするのか、それを証明しようとすることで自分の仕事に対する考え方が生まれてくる。それもまた自分の経験値だと僕は思う。

そういった成長の後押しの一環として、会社で資格を取らせてもらえる制度がある。

「価値のある人間になれ」と社長がおっしゃっているので、自分に付加価値をつけるため資格を取得するのだ。
難しい資格を取得して履歴書を埋め尽くすことで、自分の入りたい会社に入ってやり直せる、変な話つまりはそういうことなのだ。

今日出勤するのも半分は資格取得のための宿題をやるためで、家では集中できないので会社で勉強し、ついでに?仕事も進める。

お金は入らないけどそれは自分の意志でやっていることで、長いスパンで見たら、今やっていることで将来自分のプログラマーとしての価値は上がっているのかもしれない。そう考えると結局はお金に結びつくのかな?

自分に見合った給料がもらえる今の仕事は、ほんとにやりがいの持てる仕事だ。ちょっとだけブログのタイトルに反してしまう内容だが、人生楽なことばかりじゃないよって昔の自分にいってあげたい(笑)

ストレスになんて負けるもんか

仕事が朝7時半から早くて20時までという過酷な労働環境の中、過剰なプレッシャーにより僕の胃は甚大なダメージを受けている。

これからさらに暑くなるというときに、僕の胃はこの夏を乗り切れるのだろうか?

そして、毎月のように何も言わずに去っていく同僚たち。一体何があったのだろうか?

確かに労働時間に対して決して高くはない給料だが、それでも続ける価値があるからこそみんな頑張っているのだ。

去っていくの考え方、残る人の考え方は人それぞれだが、残っている人の中にも辞めたいと思っている人も少なからずいるだろう。

僕もその一人だからだ。

だが僕が会社に残る理由は、僕は面接で「どこの会社でも使ってくれるような人間になる」と断言して入社したからだ。

入社前から辞める前提で話をするなんてと思う人もいるだろうが、面白いことにそれも会社の方針なのだ。

ただ辞めるのではなく、使える人間(使ってもらえる人間)になってから辞めること。それなら会社を辞める理由として文句はないというのだ。

だから半人前の僕はまだ辞めるわけにはいかない。

毎日説教されようが、誰からも期待されなくなろうが、「おっ」と思わせるような一撃を、爪痕を残すのだ。

日々の勤務態度や仕事できますアピールなどでポイント稼ぎも大切だが、僕なりのやり方で一発かましてやろうと思い、僕は今日も奮闘している。

お酒を飲んだのは何か月ぶりだろうか?

今日は久々にお酒を飲んできました。電車で5、6分ほどのいざ川で友達と二人で。

昼間は16時半まで休憩なしの休日出勤だったので、夕方からご飯を食べました。

写真を撮り忘れてしまったのですが、高校からの大親友と久々にゆっくり話ができてとても楽しかったです。

最近は仕事したくないとか、辞めたいとかいろいろ愚痴を言ってしまっていたけど、友達とご飯を食べに行けて大分すっきりしました。

しばらくはまた一人の時間が増えそうなのでまだ聴いてない旧作のCDでも借りに行こうかな。

大体は洋楽しか聴きませんが、おススメのCDがあればブログにも書いていこうと思います。

気になったのがあれば是非聴いてみてください。

割と聴きやすい曲しか聴かないので(笑)

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。